pinewell's farmer blog Just another WordPress site

2012年7月31日

秋小畑にカーボリッチ、春小畑防除4回目、イモ畑防除、甜菜畑酸度矯正・・・

Filed under: てんさい,春播き小麦,澱原イモ,秋播き小麦 — pinewell @ 7:00 PM

6:00より、秋小畑に3度目のカーボリッチ。1200Lで20kg。実際使用したのは600L。

北東の新畑では防風林の際。こちらの圃場はウチでは一番最初に刈ることになるな。ここから秋に播くための種を採らねば。

来年の作付けは今年の春小後+新畑連作でおよそ530a。

10aあたり7kgとして、必要な種子量は371kg。50kg入りの袋だと8袋あればおつりがくる。これに刈った種1俵があるし。

倒伏してしまった圃場も防風林際は倒れていない。これは防風林があったおかげというよりもまだ登熟が進んでなく穂が軽いからかな。

カーボリッチで上げてしまうのも良くないのかも。

春小の防除4回目。

小さい穂場は上で余った600Lのカーボリッチ水にグラミン300ml/1000Lとチルト1,000倍、それにペイオフを2,000倍で。

大きい倒伏してしまった圃場も1500Lに10kgのカーボリッチで後は同剤。

明日は雨というか今日の夕方から雨の予報なのでイモ畑にも防除。

グラミン300ml/1000Lにフロンサイド1,500倍+アドマイヤー15,000倍。尿素を10kg/1500Lくらい。

チチは南西の北のビート圃場の出来の悪い部分の酸度矯正のためにアグロライムをブロキャスで散布。明日が大量の雨ということでこれはグッドタイミング。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress