pinewell's farmer blog Just another WordPress site

2016年2月23日

Fedora23でのポインターの速度

Filed under: その他 — pinewell @ 6:07 PM

随分久しぶりの更新である。
まぁ、おっくうで。

ワシはFedoraをサーバーにしてKVMで仮想化Windowsサーバーを走らせている。
過去の開発環境なんかもまとめてつっこんで運用している。

昨年12月頃のこと。それまで使用していたFedora21がEndOfLifeとなり、Fedora23に更新した。
クリーンインストールして再び環境構築となるのでそれなりに時間がかかる。
インストール後、特に困ったのがポインターの速度。Wireless Trackball M570tを使用しているのだが、
これまでGnomeで速いにしておけば特に不満が無かったのだが、Fedora23からは最速に設定しても遅い。

xinputで調べてみると、最速の1に設定されていて、これ以上上げられない。

$xinput
⎡ Virtual core pointer id=2 [master pointer (3)]
⎜ ↳ Virtual core XTEST pointer id=4 [slave pointer (2)]
⎜ ↳ Logitech M570 id=9 [slave pointer (2)]
⎜ ↳ Logitech K270 id=10 [slave pointer (2)]

$xinput list-props 9
Device ‘Logitech M570’:
Device Enabled (148): 1
Coordinate Transformation Matrix (150): 1.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000
libinput Accel Speed (282): 1.000000

悩んだね〜。
もう3ヶ月も前のことなのだが。
結果的に、libinputをSRPMで持ってきてソースを改変。ビルドしなおして目的を果たした。
変更箇所は以下。

— libinput-1.1.8/src/filter.c 2016-02-18 10:39:30.000000000 +0900
+++ libinput-1.1.7/src/filter.c 2016-02-14 08:11:33.057512464 +0900
@@ -112,10 +112,10 @@ filter_get_type(struct motion_filter *fi
* Default parameters for pointer acceleration profiles.
*/

-#define DEFAULT_THRESHOLD v_ms2us(0.4) /* in units/us */
-#define MINIMUM_THRESHOLD v_ms2us(0.2) /* in units/us */
-#define DEFAULT_ACCELERATION 2.0 /* unitless factor */
-#define DEFAULT_INCLINE 1.1 /* unitless factor */
+#define DEFAULT_THRESHOLD v_ms2us(0.1) /* in units/us */
+#define MINIMUM_THRESHOLD v_ms2us(0.05) /* in units/us */
+#define DEFAULT_ACCELERATION 500.0 /* unitless factor */
+#define DEFAULT_INCLINE 8.8 /* unitless factor */

ところがこのlibinput、まぁ良く更新してくれるもんだからそのたびに作業が必要。
これまでpatchファイルは作っていなかったのだが、さすがに面倒になったのでpatchを作成。
SPECファイルをいじるだけで良いようした。

4Kモニタ3枚の移動+synergyでのWindows環境への移動もボールを少しだけ動かすだけで移動できるようになる。
ソースがあるLinuxだから改変できる。Windowsだとフリーウェア?があるか?

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress