pinewell's farmer blog Just another WordPress site

2014年4月18日

RQフレックス、普通は播種できない春小。

Filed under: 春播き小麦,秋播き小麦 — pinewell @ 7:00 PM

9:00集合でRQフレックス。
「地下凍結が少ない年は残留窒素は低くでる傾向」だそうで。
茎数が多い場合は値が低くても追肥は注意など。

まぁ、毎年のことであるが。例年であれば既に追肥を終えていたりするヒトがいるのだが、今年は未だ畑に雪が残り、
追肥をしているヒトはいなかった。が、今年のこの状況で春小を昨日播種したヒトが一軒。西向き傾斜は雪溶けが早い。8反程だそうだが。

2014年4月17日

トラックを出す。

Filed under: 農業機械 — pinewell @ 7:00 PM

去年は10日に種イモの引き取りに行っている。
今年は道路事情が悪く、引取に行けない。
とはいっても何時でも行けるようにトラックの準備。昨日、バッテリーの充電は済ませて始動確認は行っている。
荷台に積まれているモロモロを下ろして・・・など。

北側のD型に種イモを入れることになるため、麦追肥ようの肥料などを南側へ移す、ブロカスをトラクターに装着。
などなど、いつ畑に入れるかと思いながら遅々と準備。

2014年4月15日

秋月GPSモジュール。

Filed under: その他 — pinewell @ 8:18 AM

少しハマったのでメモ。

秋月から通販でゲットしたGPSモジュール。GMS6-CR6。
電源を供給するとTTLレベルのシリアルで通信する、というもので、
1~6ピンの内1.電源(GND),2.(3.3V~6V)と 6.TTLのOutをRaspberryPiに繋ぐ。
窓辺で実験。モジュールのLEDは点滅。衛星の捕捉には成功しているようだ。
が、raspiのシリアルに入力は無い。(ちなみにcmdline.txtでのシリアルコンソール、inittabでgettyは解除している。)
cu -l /dev/ttyAMA0 や screen 、minicomでもダメ。
そもそもシリアルのスピードも分からず、試行錯誤していたのだが。
仕方がないのでUSB-TTL(3.3V) を用い、Windows上でCANMOREのサイト上から落としてきた専用ソフトで試してみる。
「AutoScan」でGPSモジュールを発見することに成功。壊れている訳では無いことを確認。位置データも無事受信できた。
その後、raspiと接続すると minicomでも、cuでも受信確認。4800bps。
どうやら何か初期化コマンドをモジュールに送ってやらねば使えないようだ。
ここでWindowsと専用ソフトウェアが必要となるのがどうにも腑に落ちないが解決策は見つかった。

2014年4月14日

水やり。ポテトプランターの椅子。雪割り。

Filed under: てんさい,農業機械 — pinewell @ 7:00 PM

今朝は-7℃くらいまで下がったが、陽が昇るとぐんぐん気温が上る。
今シーズン初めて横のビニールを下げた。それでも28℃くらいまで温度は上がる。
ようやく暖くなった。畑の雪はまだまだ溶けそうになく、去年よりも畑に入るのは遅れそうだ。
暖くなった9:00ころ。苗に水やり。例によってメモリ50で1往復。

ご近所さんに預けてある種芋も道が悪すぎてまだ引取に行けてない。
春小の種もまだ届かず。
良い天気になったが特にできることもなく・・・。

トップリンクのサイズがでかくてそのままでは取り付けできないポテトプランターの椅子。
加工して取り付けようと眺めてみたが、思ったよりも面倒そう。結局油圧トップリンクを諦めれば
加工も必要ないし、ってことで解決。

道路淵でいつも除雪の雪が山となってしまう圃場。チチに言わせると「今年は今迄生きてきたなかで最大の山」
と言うことで重機屋さんに雪割を頼むことになった。

2014年4月10日

春小、大豆播種前講習。某町の集まりへ参加。

Filed under: 大豆,春播き小麦,議/集会/勉強会/研修 — pinewell @ 7:00 PM

朝起きて、外をみてビックリ。雪が降っている・・・
9:30より春小、大豆の播種前講習会。
今年は雪が残り、春小の適期播種は難しそう。去年は降雪前の24日播けたが、今年は・・・?
講習会では早く播ければ収量アップ。とはいえ畑に入れそうにない。
遅くとも26日には播きたいのだが。

大豆に関しては適切な種子消毒、マメクイシンガの防除に重点。
ユキホマレからトヨミヅキに変わり、株間を12cm二粒から15cm二粒に・・・するのか?
去年は通常よりも丈が短くなり全く倒れず。倒伏の試験としては残念な結果だったようだ。

午後は某町へ地区3人で研修に。
GPSを使ったトラクターの無人化(に、近いコト)をなんとかメーカーの高い機材を使わずに実践じている人、
GPSを使った現在スピードの把握(メーカー毎に違う仕様を吸収しようとしている例)や、
カッティングプランターでの欠株補充をセンサーにより自動で行うからくり、などなどを自前で行っているという
所へ視察。元々チチのFB繋がりのようだが、確かに興味深いコトであった。

無人トラクタはWindowsタブレット+USB-IOということだったがワシならRaspberryPi+Arduinoでできるかも。
ちょっとやる気のでる事案であった。

2014年4月9日

育苗巡回。 RQフレックスの土取り。

Filed under: てんさい,秋播き小麦,議/集会/勉強会/研修 — pinewell @ 7:00 PM

当JAで主催のセミナー。ワシは一期生として卒業したのだが、別講座として行う育苗巡回。
3軒の優良農家をまわったが、それぞれマチマチ。どうにも「コレが良い」という明確なモノはなさそうだ。

特に、地区でプラントに移行したために、それまでこだわっていたハズの育苗土を全戸同じにしても
さして収量に違いがなかった、なんて話はあまり金をかけてもしようがないことの証左のような漢字。

午後、なんとか見えている圃場からRQフレックスようの土を採取したのだが、ズボズボだわまだ凍ってるわでエライ苦労した。
来年もウチから取ることになるのだろうか。

2014年4月8日

水やり。

Filed under: てんさい — pinewell @ 7:00 PM

朝から風が強い。
午後、風が止んだのでメモリ50で水を一往復。およそ1L~2L/冊あたりの給水になるのではないか。

2014年4月3日

T221,CDU2150A,その他。マルチディスプレイを落ち着かせた。

Filed under: その他 — pinewell @ 10:11 AM

前回までの経緯はさておき。
結局以下の環境で妥協することにする。
VGAカードR7 260X を2枚使用。
[R7 260X] – EDID-DualLinkケーブル – [T221] 3840x2400x34Hz
– HDMIケーブル – [PLE2210HDS] 1920x1080x60Hz
[R7 260X] – EDID-SingleLink – [CDU2150A] 1920x2400x33Hz
– EDID-SingleLink – [CDU2150A] 1920x2400x33Hz
– DVIケーブル – [L465] 1280x1024x60Hz
CDU2150Aはeyfinityでディスプレイグループを作り3840x2400x33Hzとして動作している。

ここまでの経緯を思い出せる限りで箇条書き。順番はよくわからない。並行した。
・HD7790を2枚使用しての運用では安物DP-DVI変換ケーブルが悪いのか、ノイズが走り気になる。
・KP41病が発生。VGAも怪しいのだが、Windowsの設定やらで様子をみる。
・HD6450のほうがケーブルよりも安いのでVGA3枚で試してみる。-> マザーのフロントパネルコネクタが干渉して気に入らない。
・KP41病、電源・母板を交換しても治らない、VGAと断定、R7 260Xを2枚購入。
・R7 260X2枚とHD6450を1枚で安定かと思われた。(T221も3840x2400x48Hz)
・T221、負荷をかける(ゲームや動画再生)と純正ケーブル+自作アダプタの側で分裂病が発生。ケーブル長い?

(左が正常、右が分裂病。クロックが追い付いていない?のか色は大丈夫なのだが、本来交互に表示されモノが960×24002枚になってしまう)
・熱に依るものかと思われた(室内30度を超える)のだが。寒くても発生したのでケーブルの購入を決意。
・ケーブルの到着を待つあいだ、3840x2400x34Hzで稼働。これでもよいか~。
・2.5mのLFH60-DualLink_DVI変換ケーブル+自作EDIDOverrideアダプタでも同様の症状が発症。
・2.5mのLFH60-DualLink_DVI変換ケーブルにEDIDOverride機能を付けるも同様の症状が発症。
・ケーブルを詰めるか?3840x2400x34Hzで妥協するか?
・34HzならHD6540を使わずにR7 260Xを2枚で足りる。フロントパネルも使える。

ちなみにKP41病はR7 260Xに換装してからは発生していない。
R7 260Xは性能的にはHD7790よりごくわずかに上。が、消費電力は7790よりかなり多いと不評のようだ。
7790は不安定という情報もあり、思い切って260Xにしたのだが、結果オーライ。

KP41病で悩まされていた時はX58+i7 970をも思い切って交換しようと思っていたのだが、
これで後3年は戦えそうだ。Haswell-E+DDR4メモリの価格が落ち着くまで積み立てしておかねば。

結果、無駄?となってしまったものは、
・Enermax EPR625AWT電源。KP41病の主犯と濡れ衣を着せられて。SF-850P14PE に換装。5年くらいつかったから交換時期か?
・Asrock X58A-Extreme3。KP41病の主犯と濡れ衣を着せられて予備のMSI X58A-GD45と交換させられ予備マザーとなる。
・玄人志向 HD6540。DP-DVI変換ケーブルよりも安い故に安易に購入。ファンレス+短いタイプなのでヨメ機に使うこともあるだろう。
・2.5mのLFH60-DualLink_DVIケーブル。汎用性がほぼない。HD6540の2倍近い価格だが、将来的にT221をもう一台購入できたら使うかも。
・eBayで購入した、DP-DVI、DP-HDMI。まさに安物買いの銭失い。
・OS再インストールの時間、労力。プライスレス。

HD7790 2枚、HD7750 1枚は日本のどこかで新しい生活を送っているでしょう。

2014年4月1日

融雪剤散布。

Filed under: 春播き小麦 — pinewell @ 7:00 PM

午前中は風が強い。
今日はまだ回ってこないだろうと思っていたが、
14:00頃に融雪機が回ってきた。

風は強いのだが、待っているヒトもいるだろうし春小予定圃場他雪が残りそうなところに散布。

« Newer Posts

Powered by WordPress